自然エネルギー利用技術(地中熱利用の原理)

業務概要ハイブリッドボーリングモバイルボーリングパーミエイトサバイバルカプセル
土舗装(リ・アース工法)| 地中熱利用技術| 三次元モデリング海外調査業務水文計測
構造物の設計・点検調査・解析

地中熱利用の原理|地中熱資材技術データ

地中熱について

  弊社は新しいエネルギー源として、地中熱の性能評価および関連技術の向上に取り組んでいます。
地中熱は一年中温度が安定し、10m程度以深の地中温度は地上の気温変化に左右されず、その地域の年平均気温とほぼ同じです。地上と地中の間の温度差を利用し、効率的に熱エネルギーの利用を行います。
 空気熱源ヒートポンプでは外気温度変化の影響を受け、COPが変わりますが、地中熱源ヒートポンプは年間を通して安定したCOPが得られます。
*COP:成績係数(入力に対する出力の比率)
 冬と夏に地上と地中の間で温度差が生じます。この温度差を利用し、効率的な熱交換が可能です。

地中熱のメリット

電気料金など光熱費が大幅に節約
CO2の排出量抑制に貢献
熱を屋外に排出しないため、ヒートアイランド現象を防止
普通のエアコンが利用できない環境でも利用可能
農業分野において、通年型農業で、地域の活性化を促進

担当部署:環境保全技術課